オンラインワークモニタリングシステム

業務モニタリングシステムをお探しですか?Monitaskで従業員のコンピュータアクティビティや生産性、勤怠をトラッキングしましょう。

なぜ雇用主は従業員をモニタリングするのですか?

手動でのモニタリングは大変困難なことが多く、また時間の浪費にもなります。オンラインワークモニタリングシステムを使えば、チームの管理が想像以上にかんたんになります。いますぐMonitaskを試して、以下のようなメリットを手に入れてください:

  • 生産性の向上。 Monitaskを使用するチームは、生産性が最大80%向上しています。
  • より良いコミュニケーション。 チームの作業時間に関する、よりすぐれた洞察を得ることで、コミュニケーションラインをスムーズにすることに役立ちます。
  • チーム全体の効率。 プロジェクトを短い期間で完了させることは、あなたのビジネスのコスト削減を意味します。

リモートでチームを率いるには?

リモートチームを率いることは難しいことですが、Monitaskのようなオンラインワークモニタリングシステムを使用することで、リモートチームは集中力、モチベーション、オープンさを維持することができます。Monitaskを使用する時に、これらのヒントやアドバイスを使用すると、その違いに気づくことができます。

  • それぞれの従業員を尊重してアプローチする。 コーチングをする機会があった場合には、ヘルプを必要としているチームメンバーへアプローチする際に、相手を尊重することを忘れないでください。そうすることで、より良い結果と従業員の理解が得られます。
  • 必要な箇所へのモニタリングをおこなう。 あなたはチームが時間を賢く使うことを期待しているので、あなた自身も同じように時間を有効に利用する必要があります。スクリーンショットを確認して、ウェブサイトおよびアプリのアクティビティを分析します。ただあまり多くの時間がモニタリングに費やされないようにしましょう。
  • マイクロマネジメントは避ける。 コーチングをおこなうことは、マイクロマネージメントを必要とすることではありません。誰もがことなる働き方をし、ことなる学び方をします、コーチングをおこなう際にはそのことを忘れないようにしてください。

複数の場所に位置する従業員とどのように業務をおこなっていくのか?

リモートの従業員との関わり方にはいくつかの方法が存在します、ただ大きく分けて、個人との関わり方と、グループとの関わり方に分ける事ができます。

グループで

彼らのタイムゾーンを考慮してください。彼らの通常の勤務時間が特定の時間帯であれば、彼らに対応できるようにスケジュールを変更します。複数のリモートチームがある場合は、複数のミーティングを開催する必要があるかもしれません。彼らに事前に十分な通知を送ってください。もしあなたの使用言語がチームにとって、第2言語、または第3言語である場合は、混乱を招く可能性があるローカルなスラングの使用は避けてください。チームに何かを教える場合、たくさんの例を使用しましょう。

 個人で

事前にミーティングを設定しましょう。また彼らの通常の勤務時間中であることも確認してください。コーチングをしていても、相手を尊重しながら、優しさを持ってアプローチしましょう。質問がある場合には、あなたが彼らをしっかりとフォローできることを説明してください。またチームの状況をしっかり把握しておくようにしましょう。家族はいるのか?また慢性的な病気を持っているのか?これらは、彼らがどのように業務を進めていくかに関わってきます。

Monitaskは、ワークスタイルを適切に評価し、改善が必要な領域を特定するために必要なチームの仕事の習慣に関する洞察を提供します。ここでは、いくつかの便利な機能を紹介します:

  • スクリーンショット。 定期的に撮影されるスクリーンショットを使用すると、従業員が勤務時間中に何をしているのかを確認できます。
  • ウェブサイトとアプリのログ。 従業員がソーシャルメディアにどれほどの時間を費やしているか疑問に思ったことはありますか?Monitaskは、このような情報を確認するのに役立ちます。
  • 生産性パーセンテージ。 Monitaskはソフトウェアが収集した情報に基づいて生産性パーセンテージを作成します。

Monitaskを使い始める準備はできていますか?Monitaskをいますぐ試す。

従業員のコンピュータ使用状況をトラッキングする方法

ステップ1

モニタスクのアカウントを作成する

ステップ2

社員やリモートワーカーを招待

ダッシュボードから「Invite your team」をクリックし、チームメンバーのメールアドレスを追加します。アカウントには無制限に社員を追加することができます。

ステップ3

従業員にMonitaskを使用して時間のトラッキングを開始するように依頼する

チームメンバーは、タイムトラッキングアプリをダウンロードして、作業項目に費やした時間を追跡するために使用を開始する必要があります。会社のオーナー、管理者、マネージャーは、ウェブベースのリアルタイムダッシュボードからデータにアクセスできるため、Monitaskをインストールする必要はありません。

ステップ4

プロジェクトとタスクの割り当て

プロジェクト管理機能では、チームメンバーにプロジェクトを割り当て、各プロジェクトやタスクに関連付けられた作業時間を確認することができます。

ステップ5

勤務時間や勤務証明の見直し

ライブ ダッシュボードを使用して、オンライン従業員、勤務時間、スクリーンショット、アクティビティ レベル、インターネット使用状況を確認できます。

ステップ6

引き続きMonitaskを使用して詳細な洞察を得る

Monitaskは、会社全体の時間とデータを分析します。数週間使用すると、包括的なレポートが生成されるので、ボトルネック、生産性、プロセスを分析して特定することができます。

Monitaskの特徴

時間とリソースのトラッキング
従業員スケジューリングシステム
クラウド型勤怠管理システム
労働時間の追跡
タイムトラッキングと請求書発行
従業員アワートラッカー
タイムシートクラウドソリューション
スクリーンショット付きのデイリーアクティビティログ